よもやま話とあれやこれ

あべです。どうでもいい話をたくさんするよ。

作家の人間性と作品についてのなんちゃら

ここ最近、文豪をイケメンにした漫画やソシャゲが非常に多いと感じませんか?

先日ゼミで集まった際そんな話になったんですが、某ストについて近代日本文学の先生は「漱石先生が出なければそれでいいです〜」「泉鏡花の実際の性別がわからなくなっちゃうね!」とお話されていました。鏡花さん女性なんですね。

私は与謝野晶子の能力は「キミシニタマウコトナカレ」ではなく「乱れ髪」にして、髪を振り乱して戦って欲しいと力説した記憶があります。

 

今では文学学会でも、「なぜ文豪がコンテンツとして消費されるのか」ということについて取り上げていたりするので、研究界隈にとってもこの文豪イケメン現象は新しい風を吹き込んでくれた結構いい動きなんじゃないでしょうか。

 

なぜ文豪がコンテンツとして消費されるのかをなんとなく考えてみたんですが、一番の魅力というのはやはり彼らが「実在していたこと」なのではないでしょうか。

それぞれの作品の魅力はもちろんなのですが、作家としてすごければすごいほど、それぞれが生きていた時の人間らしい(または非人間な)エピソードにきゅんとしますよね。しかも史実な訳ですし。

 

 

今回は、進まない卒論の気付け薬代わりに文学…というか作家さんのちょっとしたお話を、私の趣味の範囲でしてみようと思います。こんなことしてる暇あったら卒論書けよって話だけどね!!!

あくまで趣味なので、間違ってるところや解釈違い等があったらごめんなさい勉強し直します…。

 

 

さて、「作家(の人生、生活、性格etc…)と作品は分けて考えろ」とはよく言われることです。作家に引っ張られて、その生き方と作品を全て重ね合わせるような解釈は研究としては確かによろしくないと思います(私はよく引きずられるので自戒をこめて)。

が、作家と作品が完全に切り離せないのもまた事実で、作家さんを取り巻く生活のちょっとした出来事がもろに作品に影響していることもあります。研究って難しいねえ………。

そして、私は作品に関わろうが関わるまいがその「生活のちょっとしたエピソード」みたいなものが好きで、好きな作家さんだとそういう話をもそもそ調べてはニヤニヤしています。

 

有名どころだと、誰に聞いたのか、出典がどこなのかも今では覚えてないのですが太宰治のシジミのお味噌汁の話。細かいところが違っていたらごめんなさい。

知り合いのお家にお邪魔した太宰がご飯をご馳走になることになり、そこで出てきたのはシジミのお味噌汁。

味噌汁に入っていたシジミを残さず食べた太宰のお椀を見て奥さんが「あら、シジミも食べたんですね」と一言。それを聞いた太宰は恥ずかしくて恥ずかしくて消えてしまいたくなった。

…というただそれだけの話。

多分奥さんの言葉は悪意のない純粋な感想だったのではないかと私は思いますが、そこで恥ずかしくなるだけならまだしも、いじいじこの出来事を反芻して作品の一部として仕立て上げているのが流石だよなぁと思います(結構悪意のあるエピソードとして挿入されている)。ほじくるのがちょっと面倒だけどシジミの身美味しいよね…私は食べる。

人から見たら大したことのないようなちっちゃい出来事をうじうじうじうじず〜〜っと気にするんですよね〜〜とアルカイックスマイルを浮かべながら言ったのは高校の先生だったか誰だったか。太宰のこういうところは作品読んでてもじわじわと伝わってきます。作品をいくつか読んだ後にこのエピソードを知ったときは太宰の人物像として非常に納得しました。なるほどね…。

 

この話のほかにも、太宰には以前Twitterでバズった「芥川龍之介が大好きすぎる」エピソードとか面白い話がいろいろあるので興味があれば調べてみてね…。

作家の人間としての一面が、必ずしも作品の理解につながるわけではないけれど、作家の人間性を知ると普段とはまた別の観点で作品を楽しく読めることもあると思うので。

 

 

ちなみに私が初めて自発的に太宰を読んだのは、高校の現代文で「富嶽百景」を読んだ後のこと。

現代文のかわいい先生が「太宰の「トカトントン」ってお話がすごくいいんですよ〜〜いっつもトカトントンって音が聴こえてくるんです、響きも楽しいでしょう?」とニコニコしながらお話されていたので、読んでみたらとんだ虚無ぴっぴストーリーでした。好きだけど。

 

いわゆる純文学作家の作品は、メッセージ性が強く、作家が命をかけて作り上げたものすごく崇高な何かで、読者はそこから崇高な何かを受け取らなければならないと思っていた当時の私は、この「トカトントン」で訳が分からなくなってしまい、そこからどうにか文学のこと、作家が考えていることを理解しようとした結果、なんやかんやで日本文学専攻の道に進み、そこから趣味の一つに好きな作家の書簡とエッセイと伝聞の粗探しが加わったのでした…。

 

鈴木三重吉を手始めに漱石先生界隈の話とかもまとめられたらよかったんですが、長くなってしまったのでこの辺で。

 

今回ちろっと取り上げた作品はみんな短編~中編でさくっと読めるので気になった方は是非読んで見てください~~~!!

シジミの話は「水仙」に出てきます。

青空文庫

太宰治 水仙

太宰治 トカトントン